CF/IDE変換機

CF/IDEとは

会社で使っている98ノートのHDDがクラッシュしてしまいました。
しかしいまどき数GBの2.5インチHDDなんて売っていませんし、中古品ではいつ何時クラッシュするか分かったものではありません。
かといって会社では98DOSでなければできないことが未だ数多くあるので捨てるわけにもいきません。
しかし所詮DOS、数百MBあればことは足りるのでHDDをシリコンディスク化することを思いつきました。
安上がりにシリコンディスク化するにはデジカメなどに使われるコンパクトフラッシュ(以下CF)をHDDに変換するアダプタを使用するのがお手軽です。
アイアールキューブIR−ICF02Sとかハギワラ シスコムADC2-CFM01(注:法人向けです)が2.5インチHDDと置き換えるのによさそうです。
がしかし、インターネットで検索してみると自作している方もおられるようです。
もともとCFはインターフェースにIDEモードを持っており、コネクタさえ何とかしてしまえばほとんどIDEに直結することができるそうです。
というわけでちょっと自作ってみました。(もちろん会社で使う98ノートにはちゃんとした市販品を手配しましたが)
コンセプトはなるべく安くお手軽に・・・。

部品の調達

部品と言ってもほぼ直結するだけなので、2.5インチHDDのコネクタとCFのコネクタが手に入れば後は何とかなります。
まずはHDDのコネクタ。
ここは一発気合を入れてクラッシュしたHDDからもぎ取ることにします。
HDDは古いほうが端子のハンダづけが楽です。(新しいのは表面実装化されていてピッチが半分しか無かったりするので。)
で用意したのがこれ。

こんな分厚い2.5インチHDDなんか今時有りませんよね・・・。
HDD裏の基板からコネクタだけノコギリで切り出します。


お次はCFのコネクタ。
サンハヤトメモリカード用変換基板 CK-14とか市販品は有りますがいかんせん2300円もします。
HDD扱いになれば抜き差しは不要なのでPCカードアダプタをバラすことにします。

単品で買っても安いものですが、これはデジカメを買ったときのおまけです。

接着剤で貼り付けてあったので、べりべり剥がしました。
幸いCFコネクタとPCカードコネクタはプリント基板で接続されていました。
こちらもノコギリで切ります。

材料調達無事に終了。

製作

切り出した材料をユニバーサル基板で接続することにします。

強度も欲しいので、毎度の2mmのビス&ナットを使用してがっちり固定します。
さいわいHDDコネクタ側は固定用の穴が有りました。

あとはインターネット上で見つけた結線図とにらめっこしながら、ひたすらハンダハンダします。
結線図はあらびきジャンクログ別館: CF-IDEコンバータボード を参考にさせていただきました。
ただし、CFのピン番の数え方には注意しましょう。(私はCFのデータシートを見て間違えた。)

でハンダが終了したの図。
CFのピン番を間違えて配線をやり直したせいか割合きれいにできたと思います。
左が表、右が裏です。

コンデンサは電源のパスコン(?)用、
ジャンパピンはマスター、スレーブの切り替え用、
抵抗はスレーブ時のプルアップ用です。
たいした電子部品は載ってません。
後は全部直結です。

動作確認

いきなり98ノートに繋いで本体が壊れでもしたら目も当てられないので、自作のDOS/Vマシンに3.5インチ変換アダプタ経由で繋いでみます。

CFもほとんど使うことが無くなった8MB。
とりあえずBIOSで認識させてみます。

下から2行目がセカンダリ・マスターで「SanDisk SDCFB−8」の表示があり、見事に認識しました。

DOS/Vで動作確認がとれたので98ノートに入れてみたところ、とりあえずMS-DOS6.2はインストールできました。
8MBのCFではDOSも入らないので32MBに換装しています。

ちゃんとした市販品

会社で手配しておいた市販品が到着しました。
ハギワラ シスコムADC2-CFM01です。
会社手配なので法人向けでも問題なしです。
ただちょいとお値段は高めです。

写真に写っているものが全てです。
化粧箱や取説など一切ありません。(「ぷちぷち」に包んでありました。)
おそらくこの手の製品は産業用機器に組み込まれることを想定しているのでしょう。

256MBのCFとともに基板をフレームに組み込みます。(フレームはアルミダイキャスト)
CFの抜け止めストッパーがあるのがポイント高い。
ただし、こちらは裏面になります。

HDDと比較。
知らない人に見せたらHDDって言ってもわかりませんね。

最終目標の98に搭載。
なんの違和感も無く納まっています。
固定もHDDの取り付けビスがそのまま使用できました。
もちろんDOSのインストールも問題なくできました。
これでクラッシュの心配なしです。
もし何かの不都合でCFが壊れてもCFならすぐに買えることでしょう。
ちなみにDOSで使ってみたところシークタイムが理論上ゼロの為かアプリなどの起動は非常に軽く感じられました。